« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.28

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「グレイテスト・ヒッツ」

中高生のころはむさぼるように音楽を聴いていたワタシですが、ここしばらく「意図的」には音楽を求めなくなっていました。意図的というのは、例えば仕事中にFMから流れてくる音楽を聴くというのはそれにはあたらず、このCDを聴こう、あの曲CDで持ってないんだよね買おうかしら、とかそういうことです。
30代も半ばに入るとカラダが欲さないのかなぁ、なんて思ってました。

しかし、10年ぶりに車を所有してから、なんか違うんですね。沸々と湧き上がる音楽欲というのでしょうか、まさに意図的に、セレクトして音楽を聴きたくなってきたんです。昔から車でラジオを聴く習慣がなかったので、えーと、あのCDを聴こう、これを聴こう、と音楽欲に火がついたのでしょう。

最近のブームはレッチリですね。車に乗ると「カリフォルニケイション」「BY THE WAY」を聴きまくってますね。ドライビングする気持ちにとてもフィットするんですね。

カリフォルニケイションBY THE WAY
カリフォルニケイション(左)BY THE WAY(右)

で、レッチリといえばアレです。最近(最近でもないか)出たベストアルバム。このムーブメントから行けば買いでしょう、と思いつつもずっと躊躇していていました。なぜならベストアルバムって存在が嫌いなんですね。理由は大きく2つ。
(1)オリジナルアルバムで持っている曲を購入するのが癪
(2)アルバムというのは1曲1曲はもちろんだが全体を「1曲として」通して聴くもんだ、という観念がどうしてもあるので(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドがその代表)確かにヒットはしたんだろうが、ベストアルバムを作るためにピックアップした一般受けのよい音楽ばかりを聴くというのが好きではない

だけどだけど…
グレイテスト・ヒッツ (初回生産限定CD+DVD) [LIMITED EDITION]」は凄そうなんですわ。

グレイテスト・ヒッツ

新曲2曲を含むベスト・アルバム。EMI時代のヒット曲も収録。ビデオクリップ集を収録したDVD付きの初回限定盤。日本のみボーナストラックを収
録予定。ディスク:1がCD、ディスク:2がDVD。
※限定盤につき、なくなりしだい販売を終了します。ご購入はお早めに。

膨大な記されているamazonの解説をどうぞ!


し、知らなかった。DVDもついていたのか。
…という訳でやっぱり購入。結果、ベストアルバムにありがちな、あの曲の後ろにこの曲ってのはねーだろーよ、ってのもなく、アルバムトータルとしての選曲もGood! DVDも十二分に楽しめましたし、と大賛辞。買ってよかった♪

まぁ、「初回生産限定」とか「…ED EDITION」というのに弱いのですが、かなりの贔屓目を差っぴいても、こりゃむちゃくちゃよいですばい、星くん!

満足度:★★★★★

| | Comments (5) | TrackBack (2)

2004.02.27

フクダカヨさんの作品が僕の手元に!

『入江英樹 写真(握手)フクダカヨ 絵日記』展で購入させていただいた作品が手元に届きました!
こんな感じで「絵巻物」風なんです。なるほどグッドなアイディア、和風の部屋や床の間にもマッチします。どうもありがとうございました~
20040227.jpg
撮影フクダカヨさん (C)フクダカヨ

作品の一部を紹介しますね。カワイイでしょ!
20040227_103402_1.jpg
(C)フクダカヨ

【追記20040515】
そのフクダさんがついにblogを立ち上げました。フクダカヨ絵日記。必見です!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

火鉢を下書きする

20040227_002311_0.jpg
半年ほど素焼きの段階で放置していた火鉢に絵付けをしようと決意! まずは鉛筆で下書き。
たかが下書きされど下書き。4時間もかかってしまった…筆入れが思いやられる…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.25

たまには仕事中の写真でも

20040225_145859_0.jpg
敏腕デザイナーとデザイン打ち合わせ中

| | Comments (7) | TrackBack (0)

映画「ペイチェック 消された記憶」

ベン・アフレックの“消したい記憶”はあの人との…(sanspo.com)

映画「ペイチェック 消された記憶」の試写を観ました。ほんの少しネタバレになりますので、内容は観るまで知りたくない、という方はご注意ください。

「ブレードランナー」「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」に代表されるフィリップ・K・ディックの原作がスクリプトになっているということで、かなりの期待をもって臨んだのですが、引っかかりというか嫌な予感というか、懸念がない訳ではありませんでした。それは監督がジョン・ウーだということ…
「SFとミステリーが融合した全く新しい世界」と銘打ってましたが、この人、そういうの得意だったっけ? 「M:i-2」でもよかったといえば冒頭のフリークライミングのシーンとポルシェでのカーアクションのシーンだけだったしなぁ、大丈夫かいな。

予想に反することなく…SFとしても目新しい表現はなく、ミステリーとしてもストーリーに深みがなく、単なるアクション映画になっちゃってます。ユマ・サーマンのアクションもアレかと思っちゃいました。

…という訳でどうなんでしょうか、展開が予想できる単純なストーリー、ド派手なアクション、という側面で映画を楽しみたい、映画は娯楽なのサ、はたまた、ベン・アフレックが観たい、ユマ・サーマンが観たい、ジョン・ウーが好きなのサ、という方はぜひ。

しかし、この手の「謀略モノ」って、第3次産業に従事してる主人公が、最後には必ず第1次産業従事者になるんだよね。情報とかサービスは否定されるもので、手に取れるもの地に足がついたものが大切って安易な論法もどうかと思ってしまいつつ、実はそんな第1次産業への従事を夢想する僕でありました…

満足度:★★☆☆☆

| | Comments (1) | TrackBack (2)

2004.02.22

八重泉、古酒造り

僕は、新酒系の泡盛では、石垣島の八重泉が好きです。オリジナルTシャツをもってるくらいのファンです。
まだ季節があれですが、暑~い日に海と空を見ながら、1:1の水割りで飲(や)ると堪えられない旨さがありますね。
そんな新酒八重泉を壺に入れて古酒(クース)造りを開始! 普通は記念日などに壺詰して、5年後10年後の記念日に開封してお祝いをするそうなのですが、たんなる思いつきで、なんの記念日でもない今日壺詰をしました、えへへ。

詳しい造り方

5年後にまろやかで深みのある八重泉古酒が完成するのでしょうか。結果は5年後のこのブログで(笑)

20040222_112711_0.jpg
左は新酒八重泉(600ml,980円くらい)。
これを八重泉「黒真珠」が入っていた
シュロ巻壺
に入れて、古酒(クース)造り
の開始。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.20

『入江英樹 写真(握手)フクダカヨ 絵日記』展

入江英樹さんはあたたかいまなざしを銀板に収め、フクダカヨさんはなんとも失敗な日常(失礼!)を絵日記に描き記しています。とっても穏やかな和やかな作品展でした。
絵日記1500円/1日という趣向も面白く、僕もとっても共感できた「お酒で失敗な1日」を購入させていただきました。
「飲みながらご覧ください」とお二人から注がれた勝沼の「原茂ワイン」もおいしくて、ニッポンのワインなんてねー、と常日頃から思っていた僕にはちょっとしたカルチャーショックをあたえてくれました(失礼な発言すいません、勝沼ワインは未開拓なんです…
22日(日)まで。お急ぎあれ。

2004年2月16日(月)-2月22日(日)
11:00~18:30(最終日は16:00まで)
※Reception:21日(土)17:00
月光荘 画室2
東京都中央区銀座8-7-18美陶ビル1F TEL03-3573-5605(期間中のみ会場直通)
お問い合わせ 月光荘画材店 TEL03-3572-5605

イラストレーター・フクダカヨの
ほんわかリフレッシュ、春の休日(cafeglobe.com)

この記事も面白かった(笑)

【追記20040227】
作品が手元に届きました!

【追記20040515】
そのフクダさんがついにblogを立ち上げました。フクダカヨ絵日記。必見です!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

膳段・互談や新宿店

おかえもんさんからコメントいただいた『膳段・互談や新宿店』に行ってきました。確かにそこには「森伊蔵」があった。あったはあったがお品書きには「お一人様1杯まで」の注意書き。まぁ、昨今の森伊蔵ブームならわかる気がしますけど。一杯たしか650円くらい。ちなみに「百年の孤独」も置いてありましたが、こちらもお一人様1杯まで。
悪友chiphageさんと久々にサシで飲もうつーことでこの店を選択したんだけど、僕のほうが先にお店に着いてしまって、ビールよりなにより森伊蔵を注文。その注文を最後に完売になってしまいました…
パターンは違ってこそあれ、以前にも似たような経験をしているよなぁ。なぜか最後の森伊蔵を飲み干してしまう。宿命でしょうか(笑)まぁ、また入荷するでしょう。
遅れて到着のchiphageさんには一口飲ませることができて殺されずにすみました(あと5分到着が遅れたら我慢できずに全部飲んでしまったでしょう<ホッ>)
んで、あらためてビールで乾杯ののち、「春雨古酒」→「百年の孤独」→「佐藤白麹」→「佐藤黒麹」→「佐藤黒麹」…あと忘れた…とたらふく飲んだとサ。

膳段・互談や (ぜんだんごだんや )
最寄り駅: 新宿
住所:新宿区西新宿1-7-2 スバルビルB2
tel:03-3344-3025
定休日:日曜
営業時間(土曜)
11:30 ~ 23:00

Tokyo Gourmet

【追記20040512】
当blogが提供できる「森伊蔵」に関することをUPしました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.19

リニューアル?

さきほど「リニューアル」って文言のメールを書いていたのだが、どうしてもカタカナに変換されない。こういうとき僕はgoogleにその文言を入れて検索をかけてみるのだが、ん?、ヒット数約630件? そんなに少ないはずがないだろう。
よくよく見てみたら「リーニューアル」と打っていた…
まあ、裏を返せば約630件も間違っているサイトがあったってことなんだけど…(そしてこのエントリーもそのひとつに加わる、と

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.18

1.8人前土鍋(その6)

20040214_182930_0.jpg
みなさんお忘れでしょうが(僕も忘れてました)素焼きが完成。
これから釉薬を掛けて「本焼き」のフェーズへ。で、寒さも緩む季節に完成する、と(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

小川待子 展「Na2O・ZnO・Al2O3・SiO2・B2O3」

20040214_145744_0.jpg
必見モノでしょう。お近くの方はぜひ!

会期:2004年1月22日(木)~2月28日(土) (日・月・祝日休館)
時間:13:00~19:00
入場料:無料
開催場所:MDSG (MDSギャラリー)
東京都渋谷区大山町36-18
TEL:03-3481-6711
交通:
小田急線代々木上原駅もしくは東北沢駅下車
地下鉄代々木上原駅下車徒歩8分
京王バス渋谷駅より笹塚行、大山町下車徒歩1分

詳しくは「やきものネット」

井の頭通り沿いです。お車の方も、数十分の見学でしたら、井の頭通りにちょいと止めて観覧することも可能です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

MLB開幕戦 ヤンキース×デビルレイズ

e+のプレオーダー抽選に申し込んでみました。第3希望まで受付けるということで、こんな感じの布陣(布陣?)で臨んだのですが…

<第1希望>
公演日:2004年3月30日(火) 19:00開始
ライト外野指定席 5,000円×1枚
--->これなら購入してもいいかな!

<第2希望>
公演日:2004年3月30日(火) 19:00開始
立見(大人) 1,500円×1枚
--->当たってから考えよう!

<第3希望>
公演日:2004年3月30日(火) 19:00開始
1塁側S指定席 25,000円×1枚
--->まぁ、ネタですな(笑)

な、なんと<第2希望>が当選! 2,3分ほど考えたのですが、結論としては、立見なんかイヤだよ、キャンセル、キャンセル! と思ったところにこんなニュース。

Aロッドは“持参金”つきでヤンキース入りへ(ZAKZAK)

オイオイまじかよ…いやはやそんなことに…生アレックスロドリゲスを観ないときっと後悔するぞおまえ…う~む…
という訳で、購入の方向に(笑)

つーわけで3月30日(火)行ってきまーす。って、立見ですよ立見。はたしてまともに見られるのか…。よい場所確保しても、ビールがぶ飲みしてトイレに行ったらおしまいぢゃねーかと。結局、ドームのモニタをタバコを吸いながらビール飲みながら観戦つーオチぢゃないかと…

何をしたいんだかね、僕…


【追記20040217】
ヤ軍A・ロドリゲス、正式決定-ソリアーノらとの交換成立(sanspo.com)
ロドリゲス、ソリアーノらと交換でヤ軍へ移籍 正式決定(asahi.com)
Aロッド移籍正式決定…来月、東京で“デビュー”(ZAKZAK)

決定したみたいですね。いやはやものすごいトレードだ…

【追記20040331】
MLB開幕戦観戦記をうpしました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.13

『ぐるぐる陶房』を更新しました!

本家本元『ぐるぐる陶房』を更新しました。ぜしご覧くださいまし!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.12

嗚呼、吉野家の牛丼

いろいろな人がいろいろな感慨(その1その2)をもっているでしょう吉野家の牛丼。僕も10日に駆け込みました。
他社の牛丼はどうでもいい、というか躯が欲さないのですが、吉野家の牛丼だけは別物。どうにもこうにも無性に体内にとりこみたくなるときがあるので、最後の晩餐な気分で出かけました。いつもの定番「並・卵・味噌汁」を注文。
僕が入店したのは14:00ごろ、いつもは割りと閑散とする時間なのに、席は満席。おまけに殺気がみなぎってましたなぁ。四半世紀に及ぼうかという僕の長い吉野屋人生の中で初でしたね、あの雰囲気…正直怖かった…
そんな雰囲気の中でも、店員さんは落ち着いて注文をさばいてましたね。並3丁、卵2個、味噌汁2杯、大盛りツユダク1丁、大盛りツユダクダク弁当2個、大盛り1丁、卵1個、並ツユダク1丁、味噌汁1杯…ってよく覚えられるなぁ。作るほうのヒトもすごいよね~ホント感心ですよ。きっと吉野家用の脳の使い方があるんでしょうね。

牛丼を継続する一部店舗のご案内について
築地創業店での牛丼販売継続のお知らせ

禁断症状を起こしたら築地店に行こうかしら。

吉野家では牛丼・牛皿・牛鮭定食の販売を休止させていただきました。
10日に行った道玄坂店もこんなチラシが(12日撮影)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.02.11

〔盆栽用〕太鼓鉢

20040209_234325_0.jpg
知人に製作を依頼された「太鼓鉢」、素焼きの手前まで完成しました!
こんなイメージに仕上げようとしたんですね。いや~しかしこのイボイボの取り付け、思った以上に大変でした(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.10

綿矢りさ「蹴りたい背中」/金原ひとみ「蛇にピアス」

文芸春秋3月号
2月10日発売の「文芸春秋」3月号は、19歳と20歳の芥川賞最年少ダブル受賞作品、「蹴りたい背中」(綿矢りさ)・「蛇にピアス」(金原ひとみ)を全文掲載!!

それぞれ購入すると
蹴りたい背中蛇にピアス
蹴りたい背中」1,000円〔河出書房新社〕
蛇にピアス」1,200円〔集英社〕

「文芸春秋」3月号は780円なのでずいぶんお得感がありますね。
僕はさっそく購入しました。

しかし、よくよく考えてみますと、集英社と河出書房新社は商売あがったりってな感じなのでしょうか? 芥川賞受賞作品は「文芸春秋」に掲載してよいという決まりごとがあるのですかね? 出版社サイドが拒否するとどうなっちゃうんでしょうか? と、わからないことだらけなことに気づきました…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.02.09

プレゼントキャンペーン用陶器<バージョン2>完成!

プレゼントキャンペーンにご当選のみなさま

20040208_111245_0.jpg
バージョン1>に引き継ぎ<バージョン2>が完成しました。発送の準備にとりかかりますので楽しみにお待ちくださいね!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

pen

そうそう、今回のpenは焼酎特集ですね。僕は思わず購入してしまいました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

電話つながる!(森伊蔵GETまで日記その3)

そうだそうだ、「いよいよ抽選の発表!」で大々的にエントリーしておきながら、その後の経過報告を忘れてました…すいません…。実はあの記事をUPした直後に電話がつながったのです。結果は…

ハズレでした…無念…また地道に電話抽選にチャレンジします。

あ、そうそう、そんでそんで、僕の陶芸の大先輩であり、飲みの師匠であられる某氏の選定のもと青山の居酒屋で大宴会をしたんですが、あったのですよ、そこに! 森伊蔵が!
でも我々グループで全部飲んでしまいました、ゴメンナサイ…

しばらく入荷の予定はないとのことですが(そりゃそうでしょうね…)、でも、他にもよい芋焼酎がそろってますよ。アットホームな雰囲気で青山にいることを忘れてしまうくらいなんともいい感じのお店でした。
お近くの方はぜひどうぞ!

青山 串亭

住所 : 東京都港区北青山3-6-18共同ビルB1
電話 : 03-3409-3844
営業時間 : 18:00~00:00ラストオーダー料理は23時30分、土曜日は22時30分
~ランチ やってません。
定休日 : 日祝祭日。後は年末年始。ゴールデンウィークと夏休みを少しだけ。
交通手段 : 営団地下鉄銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」B4出口を出て右へ自然食品の店ナチュラルハウスの地下
予約 : 予約可能

Yahoo!グルメ

【追記20040512】
当blogが提供できる「森伊蔵」に関することをUPしました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.02.03

映画『英雄 ~HERO<ヒーロー>~』

映画『英雄 ~HERO<ヒーロー>~』をみました。
常々、近年の始皇帝人気って織田信長のそれに近いよなぁと思っていました。ある種の残虐性から暴君と批判される一方で、乱世を制し天下統一成し遂げるその軍事的・政治的天才性に魅了もされる、そんなところに共通項があるのかもしれません。
そんな万里の長城野郎・秦の始皇帝の「伝説」を題材にした一本(もちろんフィクションでしょうが)。

英雄 ~HERO<ヒーロー>~

Amazon.co.jp
秦王のもとに、王を狙った刺客を3人殺したという無名という男が現れた。その功績を讃え、特別に謁見を許された彼は、刺客を殺した経緯を王に語りはじめる。しかし、それは多くの謎を含み、話は二転三転していく…。
『あの子を探して』『初恋が来た道』などのチャン・イーモウ監督が、中国の大スター、ジェット・リー、マギー・チャン、トニー・レオン、チャン・ツィイーを起用して作り上げた歴史ロマン。ワイヤーを多用したアクションシーンは華麗で、まるでバレエを見るようだ。また交錯するいくつかのエピソードの果てに存在する真実、そして衝撃のラストには胸を震わせる感動がある。崇高な精神を持ち、その目的を達成した主人公に敬意さえ抱かせる仕上がりは、さすがチャン・イーモウと言えるだろう。撮影は『ブエノスアイレス』などのクリストファー・ドイル。衣装は『乱』のワダエミが担当。エピソードごとに赤、青、緑と色調を変えたヴィジュアルも一見の価値あり。(斎藤 香)

始皇帝と主人公との会話と回想で構成されるストーリーは、さながら対話形式の中国の古典を読んでいるかのよう。話は少々わかりにくいのですが、回想場面ごとに赤青緑白といった原色の衣装を変化させ、展開のわかりにくさを回避し、かつ、美しい映像を生みだしています。
90分という映画としては短時間にまとめあげた点が、テンポを生み、飽きを感じさせないのかもしれません。

また、この始皇帝役がまたいい味だしてます。顔が細長くて髭をはやしている姿がステレオタイプ的信長像にそっくりですね。やはり、始皇帝=織田信長? あ、これは手前味噌的辻褄合わせになりますか。

ネタバレになりますので踏み込みませんが、個人的にはシナリオが最もすばらしいと思いました。
ただ、ハリウッド映画手法に慣れてしまった人にはつらい映画かもしれません。マトリックスを彷彿させるようなワイヤーアクションもいまひとつだし(主人公が一番、サマになっていないような…)、ストーリーも「超面白い/超つまんない」と評価が極度に二分されるのでは、と思ったりもします。
けれども、アマゾンのユーザー評価は星4つ半(2004年2月3日現在)。ふむ、みなさんお目が高い?

アジアの精神性を象徴する1本! アジア人であることを誇れる1本!? 僕の2004年のベストDVD!(ってまだ2月でしょ)

満足度:★★★★★

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.02.02

いよいよ抽選の発表!(森伊蔵GETまで日記その2)

その後の「森伊蔵」に詳しく記しておりますが、2月1日は「森伊蔵」の抽選発表の日。森伊蔵サイト記載された確認電話番号にドキドキしながら電話。

●2月1日13:00頃 20回ほど電話をかけるが、

こちらはNTTです。ただいまおかけになった電話は、ただいま大変混みあって、かかりにくくなっております。ご迷惑をおかけしておりますが、しばらくたってからおかけなおしください。

とつながらず…

●2月2日1:00頃 15回ほど電話をかけるが、

こちらはNTTです。ただいまおかけになった電話は、ただいま大変混みあって、かかりにくくなっております。ご迷惑をおかけしておりますが、しばらくたってからおかけなおしください。

とつながらず…

電話が集中してるのね。
そんなわけで抽選にあたったかはずれたかは確認できず。

どうでもいいが、NTTのテープの人はどうして同一文章の中にだだいまを2度も使うのだろうか。耳に心地悪いことはなはだしい…

【追記20040512】
当blogが提供できる「森伊蔵」に関することをUPしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »