2005.02.18

(続々)羊たちの怪人

善福寺のチェリストYoshiokaさんがわたくしめの雑な文章を大変わかりやすく補足してくれました。おまけに

Dr.ハンニバル レクター = オペラ座の怪人 = 野獣(美女と野獣)

と新たな説を加えていただきました。なるほどなるほど。

Dr.ハンニバル レクターのおそらく最後の物語になるであろう「ハンニバル」。この「ハンニバル」、原作と映画ではエンディングが異なると前回書きましたが、Yoshiokaさん説を恋愛の成就という観点からさらに発展させてみますと次のようになるのではないでしょうか。

〔原作〕
Dr.ハンニバル レクター = 野獣(美女と野獣)

〔映画〕
Dr.ハンニバル レクター = オペラ座の怪人

う〜む、だんだん整理されてきましたね。ためになるblogだなぁ(笑)

さて、Yoshiokaさんの記事ですが最後にこうまとめておられます。

そんなふうに考えていると、「オペラ座の怪人」などは日本の劇場の大半を埋める女たちではなく、大人の男こそ涙して観るべき作品ではないかという気がするのであります。

おもわずうなずいてしまいました、だんだん「老い」へとシフトチェンジしつつある一個人としては(笑)

ところでこういうお話って日本古来の物語にはないような気がするのですがどうでしょうか? あるんですかね?

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.02.17

(続)羊たちの怪人

Dr.ハンニバル レクター = オペラ座の怪人 説に1件のコメントと多数のココロの声をいただきましたので(笑)簡単ではございますが自論を展開してみたいと思います。

  • お二人とも天才である(レオナルドダビンチ的天才性)
  • 目的のためなら殺人も厭わない
  • 惚れた女の能力を十二分にひきだし更なる高みへ導くことができる
  • でもその女性への求愛方法が一般的でない、というかヘンテコリンで惹かれるどころか逆に引かれる
  • 当然の帰結としてフラレル(「ハンニバル」については映画版シナリオ)

どう? 似てるでしょ?

ちょっとネタバレですが、小説の「ハンニバル」は映画のそれとは結末が異なるのですが僕はどちらの結末も好きです。


ハンニバル〈上〉/新潮文庫/トマス ハリス (著)


ハンニバル スペシャルプライス版/リドリー スコット(監督)

|

2005.02.06

羊たちの怪人

そうかっ、

Dr.ハンニバル レクター = オペラ座の怪人

だったんだっ!!


羊たちの沈黙〈特別編〉


そのうち機会があったらもっと詳しく。

追:
詳しく書いてみました

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.01.21

あの~ちょっとよろしいでしょうかぁ

ドラマ「富豪刑事」。期待通りの楽しさです。
その魅力のひとつは富豪が刑事というありえない設定。
捜査のためならお金に糸目をつけません。費用は自腹で出しちゃいます。

富豪刑事原作では主人公は男性みたい。キャデラックを乗り廻し、ハバナの葉巻をくわえてるらしいです。富豪というより成金な感じ。筒井康隆著。
で、やっぱり捜査費用は自腹で払うのですが、事件を解決するたびにどんどん儲かってしまうそうです。
すごいです。お金はお金を呼ぶんですね。
こんな設定でもきっちりミステリー仕立て。おさえておきたい一冊。僕もこれから読みます。

魅力のふたつめは深田恭子。今こういうとぼけたお嬢様をやらせて右に出るものはいないでしょう。

スクリプトにもうちょっと力があればなぁという感じですが、今後に期待です。

打ち合わせに煮詰まったときに

あの~ちょっとよろしいでしょうかぁ

と名案を出すのが流行りそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.30

ぐらんつーりすも

ゲームを発売日に買うなんて考えられないことなのですが Gran Turismo 4 を購入しました。


グランツーリスモ4

とにかくいい加減なドライビングをすると上手に走ってくれないということで有名。ものすごくよくできたドライビングシミュレーターといっても過言ではないらしい。
実際の車のデータをベースにしてその車独自の挙動を再現していることでゲームファンのみならず車ファンからも絶大な支持を受けているようです。今作は80の自動車メーカー、1986年から2004年までの500台以上の車種が収録。そのこだわりのためか製作が遅れに遅れついに2004年の年末を迎えてしまいました。
他聞に伝聞形が多いのは実は1~3をやっていないから。そんな僕にプレステ2まで買わせる評判力はみごと。

BMWからは話題の1シリーズをはじめ10数車種。2005年発売の(!)320i、M3、M5に乗り込むことができるという力の入れようはすごい。SonyもBMWも本気なんです、って宣言が集約されているよう。

ここまで書いてまだ未開封。はまるのが怖いんだもの。

まあとにかく興味がある方は公式サイトを覗いてみたらどうでしょ。デモムービー(サイトの「Download」メニュー)を見るだけでたまげますよ。

車好きの黒田慶樹さんも購入したかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.27

夜のドライブ

ストレスがたまるとどうもクルマを走らせたくなるわけです。でもクルマ通勤でもないし、家に帰ってくると出かけるのが億劫だし、酒が入っていたら完全にNGだし、となかなか難しいわけです。
そんなあなたにこちらをオススメ。


首都高バトル0

凄いです。首都高速が完全に再現されています。そうそうここがこうなってああなってあー銀座の二車線の真ん中に壁があるよなーあそこがスリリングでさぁ江戸橋~箱崎はやっぱ走りにくよなぁ環状外周りの新宿線への入り方はわかりにくいよなぁ、なんて250km/hというありえないスピードで走れるわけです。うぎゃーストレス解消! レース二の次でぐるぐる走ってるわけです。た、たのしい。
ちなみにコースは環状線(C1)、新環状(台場、有明方面ね)、湾岸線、横羽線を網羅。

このゲームの後継に


首都高バトル 01

があるのですが、こちらは大阪、名古屋も網羅しているみたい。でもAmazonの投稿の評価は今ひとつ。大阪、名古屋の高速を走る予定もないので「0」を選択しました。

首都高が嫌い・苦手って方もシミュレーションソフトとしてどうでしょうか?(ソンナヤツハイナイダロウ)

■公式サイト
首都高バトル0
首都高バトル01

ってずいぶん昔に発売されたゲームなんですけどね。いまさらながらはまってるわけです。これをやりたくてわざわざPS2を買う僕みたいな人ってレアなんでしょうね。
もちろん28日にいよいよ(ホントいよいよ)発売されるあれを見越しての購入なんですがね。ゲーム下手なのにね…


グランツーリスモ4

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.28

時代劇=鎌倉時代から江戸時代にわたる風俗に根ざす生活環境を舞台にした演劇またはチャンバラ劇、刀が重要な小道具になることが多いです、しかも銃器といった飛び道具よりつおいんです

座頭市』を観ていたら無性に『用心棒』が観たくなってしまった。三船もいいんだけど仲代達矢もうなるほどかっこいい。ラストシーンも驚愕モノ! 時間みつけてじっくり観るとするか。


用心棒

なんだかジャケットが絵にならないなぁ、真っ赤だし、、、

という訳でこちらも掲載。北野監督、面白かったですよ。また時代劇作ってください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.08.31

器具

実家の引越でいろいろ整理していたらこんな器具を発見。

P505iS0003145981.jpg

うわ、懐かしい。シェーカーぢゃないですか。高校生のころ買った品ですな(なぜ高校生がこんなモノを買う必要があるのかはさらっと置いといて)。あの頃は本気でバーテンダーになりたかったもんなぁ。
でも、これ↓に影響された訳ではないですよ。


カクテル

もっと銀座なBarに憧れていた訳です。
といいつつ、上の映画とこれ↓を2本立てで観たりもしてましたっけ。


ハスラー2

おかげでいまだにストーリーがごった煮になってたりしてます。
普通のBar経営にあきたらなくなった主人公がカリブ海でリフレッシュ休暇をとったあとPool Barを開いてバーテンなのにビリヤードも強くってがっぽり儲けるお話
でしたっけ???

Pool Barにも入りびたりだったなぁ。1987年くらいの出来事。

そんなちゃらい世代をリードしてきたトム様も今では立派なプロデューサー。サムライ映画なぞつくったりしてやっぱり我々をひっぱってくれてる訳です。
どうにも間がもたなくて、結局、最後まで観ることができませんでしたが…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

映画 アダプテーション

アダプテーション」を観ました。
マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズとチャーリー・カウフマンの最新作です。


アダプテーション

スランプに陥った自虐傾向のある脚本家(ニコラス・ケイジ)が手がける脚本は「蘭」を偏狭的に愛する男(クリス・クーパー)を描いた原作本。脚本家とその双子の弟が繰り広げる奇妙な兄弟愛と蘭に惹かれる男に惹かれる女性原作者(メリル・ストリープ)の不倫が微妙に絡み合い、最後には対峙することになってしまうという2つのストーリーが織り成す劇中劇。
暴力・アクション・カーチェイスは登場させない、主人公が成長する物語なんてまっぴらごめん、というポリシーをもった脚本家が結局は・・・
いやーたまたま手に取ったDVDにしては大満足の一本。
基本的にハリウッド映画を軽くみる傾向がある僕ですが、こういう映画をみせられるとアメリカ映画の底力を感じない訳にはいかない訳です。
アメリカンビューティー」来、アメリカ映画のよさを再認識した作品。「英雄 ~HERO~」を越え今年の僕のベスト作品。おすすめです。


マルコヴィッチの穴


アメリカン・ビューティー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.17

ラストサムライ、ラストまでの長い道のり

う~んどうなんだろ、ラストサムライ。
ちょうど1時間くらい経過したところでどうしてもそれ以上観る気がしないんです。
そこはこんなシーン。

小雪が自分の夫を殺したトムくんと(監視を目的だが)これ以上一緒に暮らすことはツライと兄の渡辺謙に訴える

きっと当初目的が達成できずトムくんに惹かれていく自分を畏れブレーキをかけようとする小雪の美徳が垣間見られるとってもいいシーンなんだと思います。

が、どうしてもストップ。
む~テンポがだめなのかストーリーがそそられないのか。この先に血沸き肉踊るような展開があるんですか。すごい感動なのですか。

どなたか「いやいやこれからものすごいことになるからぜひみるべき」ってリコメンドをいただけないでしょうか。そでないとここで断念です。

レンタル期限は今週の土曜です。
こんなこと書いているのにアマゾンのリンクを貼ってる卑怯ぶりです。

ラスト サムライ

| | Comments (4) | TrackBack (0)